同志社大学 政策学部

  1. 政策学部ホーム
  2. 2020年度のニュース一覧
  3. 春学期・春秋通年・集中講義科目の履修中止について

春学期・春秋通年・集中講義科目の履修中止について

'20年4月27日 更新
春学期・春秋通年・集中講義科目の履修中止について、以下のとおりご案内します。
内容を確認の上、必要に応じて手続きしてください。

<講時制科目>

●対象科目
 春学期科目:先行登録科目、一般登録科目とも履修中止可とします。
 秋学期科目:原則として履修中止不可とします(秋学期の履修中止期間に履修中止が可能です)。

※「FYE」、「政策学入門」は履修中止不可。
  集中講義科目(詳細下記)は別途履修中止期間が設定されます。
※2014年度以前生については「卒業論文」の履修中止を春学期履修中止期間に行うことができます。
  (秋学期の履修中止期間にも可)
※春学期科目の履修中止を行ったことで登録エラーが発生した科目については、
  政策学部事務室へ対応方法を確認してください。
  ただし英語以外の外国語科目(グレード制科目)の履修中止による登録エラーは大学が対応します。
  詳細は関連書類に掲載の「英語以外の外国語(グレード制科目)の履修中止について」を参照してください。
※単位互換科目(大学コンソーシアム京都、同志社女子大学)についても上記と同様に取扱います。
※春秋連結科目(いわゆる通年科目)については春学期の履修中止期間のみ履修中止を認めます。
  秋学期開始後の履修中止は認めません。
※各学部・研究科が定める「履修中止ができない科目」については、履修要項、登録要領等を参照してください。

●履修中止期間 : 6月8日(月)10:00 ~ 6月9日(火)17:00

●方法 : DUETから手続きしてください。

※大学HPの 科目登録日程(2020年度春学期 履修中止日程表)についても確認してください。
※DUETログイン後の画面左下部「マニュアル」にある
 「WEBによる登録科目履修中止 利用上の注意」を参照のうえ、手続きを行ってください。

<集中講義科目>

以下の2科目については、講義日程の変更があるため、日程が決まり次第、
履修中止日程について本HP内でお知らせします。

・政策トピックス-012(世界遺産PBL講座~価値主導型に基づく文化遺産マーケティング)
・政策トピックス-028(ミュージアムPBL科目:動物園の魅力探求と環境教育イベント)
春学期・春秋通年・集中講義科目の履修中止について、以下のとおりご案内します。
内容を確認の上、必要に応じて手続きしてください。

<講時制科目>

●対象科目
 春学期科目:先行登録科目、一般登録科目とも履修中止可とします。
 秋学期科目:原則として履修中止不可とします(秋学期の履修中止期間に履修中止が可能です)。

※「FYE」、「政策学入門」は履修中止不可。
  集中講義科目(詳細下記)は別途履修中止期間が設定されます。
※2014年度以前生については「卒業論文」の履修中止を春学期履修中止期間に行うことができます。
  (秋学期の履修中止期間にも可)
※春学期科目の履修中止を行ったことで登録エラーが発生した科目については、
  政策学部事務室へ対応方法を確認してください。
  ただし英語以外の外国語科目(グレード制科目)の履修中止による登録エラーは大学が対応します。
  詳細は関連書類に掲載の「英語以外の外国語(グレード制科目)の履修中止について」を参照してください。
※単位互換科目(大学コンソーシアム京都、同志社女子大学)についても上記と同様に取扱います。
※春秋連結科目(いわゆる通年科目)については春学期の履修中止期間のみ履修中止を認めます。
  秋学期開始後の履修中止は認めません。
※各学部・研究科が定める「履修中止ができない科目」については、履修要項、登録要領等を参照してください。

●履修中止期間 : 6月8日(月)10:00 ~ 6月9日(火)17:00

●方法 : DUETから手続きしてください。

※大学HPの 科目登録日程(2020年度春学期 履修中止日程表)についても確認してください。
※DUETログイン後の画面左下部「マニュアル」にある
 「WEBによる登録科目履修中止 利用上の注意」を参照のうえ、手続きを行ってください。

<集中講義科目>

以下の2科目については、講義日程の変更があるため、日程が決まり次第、
履修中止日程について本HP内でお知らせします。

・政策トピックス-012(世界遺産PBL講座~価値主導型に基づく文化遺産マーケティング)
・政策トピックス-028(ミュージアムPBL科目:動物園の魅力探求と環境教育イベント)
関連書類