同志社大学 政策学部

  1. 政策学部ホーム
  2. 2019年度のニュース一覧
  3. 「第11回UNGC 日中韓ラウンドテーブル ユースプログラム」に政策学部 根岸ゼミ4回生の埋橋光さんが日本代表として選ばれました

「第11回UNGC 日中韓ラウンドテーブル ユースプログラム」に政策学部 根岸ゼミ4回生の埋橋光さんが日本代表として選ばれました

'19年7月5日 更新
2019年8月に中国山東省済南市で開催される「第11回国連グローバル・コンパクト 日中韓ラウンドテーブル ユースプログラム」に、政策学部4回生の埋橋光さんが日本代表の一人として参加することが決まりました。国連グローバル・コンパクト(UNGC)では、日中韓が連携し2009年から毎年「日中韓ラウンドテーブル」を開催しています。埋橋さんは、ゼミの卒業研究をもとにプログラムに応募し、見事10名の代表の一人に選抜されました。おめでとうございます。
2019年8月に中国山東省済南市で開催される「第11回国連グローバル・コンパクト 日中韓ラウンドテーブル ユースプログラム」に、政策学部4回生の埋橋光さんが日本代表の一人として参加することが決まりました。国連グローバル・コンパクト(UNGC)では、日中韓が連携し2009年から毎年「日中韓ラウンドテーブル」を開催しています。埋橋さんは、ゼミの卒業研究をもとにプログラムに応募し、見事10名の代表の一人に選抜されました。おめでとうございます。