同志社大学 政策学部

  1. 政策学部ホーム
  2. 教員紹介
  3. 入江 容子
  4. 入江 容子(教員紹介)

教員紹介

入江 容子 教授
いりえ ようこ
入江 容子 教授

専門分野地方自治体の組織的問題-構造・管理・政策
研究室渓水館207号室

専門分野について

私の研究関心は、地方自治体の組織にかかる様々な問題についてです。地方自治体を研究対象とする際には、その活動のアウトプットとしての政策を扱う場合や、そこを主な舞台とした政治的営為としての地方政治を扱うものなど様々なアプローチがありますが、私は地方自治体を1つの組織体として捉えた時に、どのような課題があるのかという視点から研究を行っています。
具体的には、自治体組織を中心に考えた場合、外的な関係性としては、その時代時代の社会経済環境や様々な法的・制度的環境、中央地方関係、ガバナンスといったものが影響を与える要因となります。また、内的な要素としては組織構造や組織編成、職務構造、組織内ルール、人的資源管理といったものが存在します。こうした外的要因と内的要素の関係性や相互作用などについて、ミクロとマクロの視点を接合させ、理論と現場をつなぐような研究を志しています。
こうした私の研究関心は、私がかつて大学を卒業した後に会社員として働くなかで、公共事業や自治体行政について感じたいくつもの「?」に端を発しています。その時の「?」の感覚をこれからも大事にし、研究活動を通して少しでも自治体行政の現場に貢献できることがあればと考えています。

プロフィール

京都市生まれ。同志社大学法学部政治学科卒。学生時代はもっぱらスポーツ中心ののびのびとした学生生活を送りました。学部卒業後は民間企業に就職したのですが、たまたま担当した仕事が公共事業だったことから公共事業のあり方、実施主体としての自治体組織の抱える課題などに直面しました。こうした問題について研究面から解決の方向を探リたいという青い(若い)憤りから退社し、その頃まだ開設されて問もない総合政策科学研究科に入学しました。当時一人暮らしをしていた私の元に同志社大学の広報誌が届き、その中に「総合政策科学研究科が開設されます」という記事がなければ、今の私はありませんでした。人生何があるかわからないものです。
2003年に愛知大学法学部に講師として着任し、准教授、教授を経て、この度2021年より母校に戻ってきました。

メッセージ

殻を破ろう!

 失敗するのが怖い、下手なことを発言して白い目で見られたくない…クラスの中での活動で、自然とこうした考えを持ってしまっていませんか。皆さんはデジタル・ネイティブ世代ですから、生まれた時から周囲にネット環境があり、良くも悪くもSNSなどと付き合いながらこれまでの学生生活を過ごしてこられたことと思います。
大学では、そうした心配や自分自身を守ろうとする殻をぜひ破ってほしいと思います。初めからうまくできる人なんてそうそういません。大学で大いに色々なことにチャレンジし、経験値を増やしておいて下さい。失敗も、大学生のうちにしておけばいいのです(大学ではそれを失敗とは言いません)。例え初めはうまくできなかったとしても、できるようになるためにトレーニングを積めばいいのです。私たち教員は皆さんの知的トレーニングのコーチとして、全力でサポートします。
ぜひ、学生時代に何か一つでも、自信をもって「これに打ち込んだ」といえるようになって下さい。