同志社大学 政策学部

  1. 政策学部ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 政策学会オンラインセミナー開催のお知らせ 2月17日(水)15:00~18:30

政策学会オンラインセミナー開催のお知らせ 2月17日(水)15:00~18:30

'21年2月8日 更新
【転載・転送歓迎】
…━…━ …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…□■
2020 年度 同志社大学政策学会オンラインセミナー
□■『大学院生による研究発表会』■□
~総合政策科学を学ぶ院生の実践&研究最前線!~
2021 年 2 月17 日(水)15:00〜18:30 @ZOOM meeting
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同志社大学政策学部/総合政策科学研究科の学内学会である「同志社大学政策学会」では、定
期的に研究セミナーを開催しています。

このたび、総合政策科学研究科の院生のみなさんによる、オンライン研究発表会を開催するこ
とになりました。今回は申し込みをいただいた6名の前期・後期の院生の方が発表を行いま
す。お互いの研究内容を知る良い機会となりますので、ぜひみなさま積極的にご参加くださ
い!
*本セミナーは、同志社大学政策学会の会員が互いの研究をより深く理解し、互いの研究に対
する刺激を与え合うための定期的な研究発表会です。 政策学会会員の皆様はもとより、発表の
テーマにご関心のある研究者、学生、一般の方々はどなたでもご参加いただけます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とき

2021 年 2 月17 日(水)15:00〜18:30(予定)
※入退出自由

開催方法

【双方向型】ZOOM meeting(要事前申込み)
(以下のフォームで参加登録をした方に後日Zoom のリンクを送信)
申し込みはこちら

発表方法

オンライン報告(15 分)+ 質疑応答(10 分)
◎ZOOM meeting の画面共有機能によるプレゼン方式

プログラム


15:00-15:10 あいさつ/オリエンテーション/参加者自己紹介

15:10-15:35 発表1
「コロナ禍における超高齢社会の地域互助の現状とスポーツ介護プロジェクトの評価」
【発表者】西堀 正(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
コロナ禍の生活の中、高齢者は出かけられず、ますます健康不安、運動不足を訴えていた。こ
れまでのように近所で気軽に喋ることもできなくなったと聞いた。地域の互助力、助けあいの
関係性を構築するには、これらの生活の窮屈さは大きな阻害要因となっている。本研究は、超
高齢社会における地域の助け合い活動の担い手育成に向けて、多世代の住民とその生活圏域の
ステークホルダーとが協働関係を築き、持続的な互助活動につなげるために実施した「スポー
ツ介護プロジェクト」を評価するものである。また、コロナ禍における地域の声を筆者が直接
聞き取り、現状の地域課題を今一度表出することで、政策提案につなげられるよう研究を進め
たいと考えている

15:40-16:05 発表2
「社会的弱者の支援に関する一考察 コロナ禍における遊び場づくり活動を通して」
【発表者】内山 悠(総合政策科学研究科 元博士後期課程)

~発表要旨~
2020年3月2日から7月に、筆者は公園に遊び道具を持ち込んでの場づくり「あそぼーよ」を
行った。この活動を通して、社会的弱者の支援のあり方を捉え直すこととなった。新型コロナ
ウイルスの脅威は、誰もが平等に受けているように見えるが、影響が広がるにつれて、コロナ
以前の社会の歪みがコロナウイルスによって、より広がっている様が見えてきた。withコロナ
が叫ばれる中、社会的弱者の支援は行き届かない。本発表では、市民の立場から、よりよい支
援を行うためのあり方を考えたい。

16:10-16:35 発表3
「地域企業による文化資本経営としての文化財保護の在り方」
【発表者】奥野 耕平(総合政策科学研究科 博士後期課程)

~発表要旨~
今日、人口減少・地域経済の衰退による文化財の滅失や散逸、後継者不足が課題となり、地域
社会全体でまちづくりや観光に活用し、その継承に取り組むことが求められている。これまで、
地域社会で文化財保護を担う主体は自治体や住民、民間団体に焦点が当てられたが、企業もそ
の担い手とする観点が不足しており、検討が必要である。本報告では、地域企業による文化資
本経営としての文化財保護の在り方を明らかにする。そのために、これまでの企業と文化活動
との関わりや文化資本概念を整理したうえで、倉敷川畔伝統的建造物群保存地区を事例に考察
する。地域企業が文化財保護に取り組む際は、経済資本のみならず、文化資本経営の視点が、
その保存と活用の両立した在り方に有効であると考えられる。

16:40-17:05 発表4
「Art Thinking Theory の発見およびArtist Experience Workshop の幸福度に関する実証的研
究」
【発表者】村井 拓人(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
本研究は、アーティストへのデプスインタビューを実施し、アーティスト活動の幸福度向上調
査とともに、アート作品創作時に用いる暗黙知を、AIテキストマイニングおよびコーディング
分析により形式知化し「Art Thinking Theory(ATT)」を発見した。そして、それを基に開発
した「Artist Experience WorkShop(AEWS)」の実践を通して、ワークショップ前後における
参加者の幸福度、創造性、行動変容期待度をt検定で分析したところ、先行研究で幸福度が低
下するとされる40代でもっとも有意差が確認された。

17:10-17:35 発表5
「がんサバイバーのピアカウンセリングにおけるグラフィックファシリテーションの可能性」
【発表者】奥野 美里(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
リアルタイムで話を見える化しながらファシリテーションを行うグラフィックファシリテーシ
ョンの技法を、ピアカウンセリングに応用。社会実験としてがんサバイバー同士のピアカウン
セリングを実施した結果を、中間発表として報告する。

17:40-18:05 発表6
「ODA 評価の最新動向の紹介とその動向:EvalNet を手がかりに」
【発表者】三上 真嗣(総合政策科学研究科 博士後期課程)

~発表要旨~
政府開発援助(Official Development Assistance、以下ODA)におけるODA 評価を実施するた
めの組織的な基準は、国際的な会議における議論の影響を受けて変容している。日本ではその
実態はあまり知られていないが、この国際会議のメンバーから日本評価学会の報告や懇親会、
また大学院科目の「ODA 政策論研究」を通じて事情を聞くことができた。本報告ではこれを基に
ODA 評価の最新動向を紹介する。具体的には、経済協力開発機構の開発援助委員会および、その
下部組織である開発評価ネットワーク(EvalNet:Network on Development Evaluation)に手が
かりを求め、外務省やJICA、OECDの公開文書を使って歴史的に整理していく。

18:10-18:30 全体討論/講評/まとめ


コーディネーター/コメンテーター

・佐野 淳也(同志社大学政策学部 准教授)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/sano/info.html
・伊藤 理史(同志社大学政策学部 助教)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/ito/info.html
・西山 渓(同志社大学政策学部 助教)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/nishiyama/info.html
■ 対象:一般/在学生/修了生/教職員/入学希望者
■ 主催: 同志社大学政策学会
◎問い合わせ
西山 渓研究室
knishiya@mail.doshisha.ac.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◎同志社大学大学院 総合政策科学研究科
「開かれたアカデミズム」の理念に基づき、高度な問題解決力を総合的に備えた政策エキスパ
ートの養成を行う大学院。夜間や土曜日の授業を中心に充実したカリキュラムを提供してお
り、前期課程では「政策研究コース」と「ソーシャル・イノベーションコース」の2コース制
を採用。発足して25年、政府、企業、非営利団体など、社会の各分野の第一線で活躍する人材
や優秀な研究者を多数輩出している。
《公式サイト》https://sosei.doshisha.ac.jp/
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━□■
【転載・転送歓迎】
…━…━ …━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…□■
2020 年度 同志社大学政策学会オンラインセミナー
□■『大学院生による研究発表会』■□
~総合政策科学を学ぶ院生の実践&研究最前線!~
2021 年 2 月17 日(水)15:00〜18:30 @ZOOM meeting
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同志社大学政策学部/総合政策科学研究科の学内学会である「同志社大学政策学会」では、定
期的に研究セミナーを開催しています。

このたび、総合政策科学研究科の院生のみなさんによる、オンライン研究発表会を開催するこ
とになりました。今回は申し込みをいただいた6名の前期・後期の院生の方が発表を行いま
す。お互いの研究内容を知る良い機会となりますので、ぜひみなさま積極的にご参加くださ
い!
*本セミナーは、同志社大学政策学会の会員が互いの研究をより深く理解し、互いの研究に対
する刺激を与え合うための定期的な研究発表会です。 政策学会会員の皆様はもとより、発表の
テーマにご関心のある研究者、学生、一般の方々はどなたでもご参加いただけます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とき

2021 年 2 月17 日(水)15:00〜18:30(予定)
※入退出自由

開催方法

【双方向型】ZOOM meeting(要事前申込み)
(以下のフォームで参加登録をした方に後日Zoom のリンクを送信)
申し込みはこちら

発表方法

オンライン報告(15 分)+ 質疑応答(10 分)
◎ZOOM meeting の画面共有機能によるプレゼン方式

プログラム


15:00-15:10 あいさつ/オリエンテーション/参加者自己紹介

15:10-15:35 発表1
「コロナ禍における超高齢社会の地域互助の現状とスポーツ介護プロジェクトの評価」
【発表者】西堀 正(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
コロナ禍の生活の中、高齢者は出かけられず、ますます健康不安、運動不足を訴えていた。こ
れまでのように近所で気軽に喋ることもできなくなったと聞いた。地域の互助力、助けあいの
関係性を構築するには、これらの生活の窮屈さは大きな阻害要因となっている。本研究は、超
高齢社会における地域の助け合い活動の担い手育成に向けて、多世代の住民とその生活圏域の
ステークホルダーとが協働関係を築き、持続的な互助活動につなげるために実施した「スポー
ツ介護プロジェクト」を評価するものである。また、コロナ禍における地域の声を筆者が直接
聞き取り、現状の地域課題を今一度表出することで、政策提案につなげられるよう研究を進め
たいと考えている

15:40-16:05 発表2
「社会的弱者の支援に関する一考察 コロナ禍における遊び場づくり活動を通して」
【発表者】内山 悠(総合政策科学研究科 元博士後期課程)

~発表要旨~
2020年3月2日から7月に、筆者は公園に遊び道具を持ち込んでの場づくり「あそぼーよ」を
行った。この活動を通して、社会的弱者の支援のあり方を捉え直すこととなった。新型コロナ
ウイルスの脅威は、誰もが平等に受けているように見えるが、影響が広がるにつれて、コロナ
以前の社会の歪みがコロナウイルスによって、より広がっている様が見えてきた。withコロナ
が叫ばれる中、社会的弱者の支援は行き届かない。本発表では、市民の立場から、よりよい支
援を行うためのあり方を考えたい。

16:10-16:35 発表3
「地域企業による文化資本経営としての文化財保護の在り方」
【発表者】奥野 耕平(総合政策科学研究科 博士後期課程)

~発表要旨~
今日、人口減少・地域経済の衰退による文化財の滅失や散逸、後継者不足が課題となり、地域
社会全体でまちづくりや観光に活用し、その継承に取り組むことが求められている。これまで、
地域社会で文化財保護を担う主体は自治体や住民、民間団体に焦点が当てられたが、企業もそ
の担い手とする観点が不足しており、検討が必要である。本報告では、地域企業による文化資
本経営としての文化財保護の在り方を明らかにする。そのために、これまでの企業と文化活動
との関わりや文化資本概念を整理したうえで、倉敷川畔伝統的建造物群保存地区を事例に考察
する。地域企業が文化財保護に取り組む際は、経済資本のみならず、文化資本経営の視点が、
その保存と活用の両立した在り方に有効であると考えられる。

16:40-17:05 発表4
「Art Thinking Theory の発見およびArtist Experience Workshop の幸福度に関する実証的研
究」
【発表者】村井 拓人(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
本研究は、アーティストへのデプスインタビューを実施し、アーティスト活動の幸福度向上調
査とともに、アート作品創作時に用いる暗黙知を、AIテキストマイニングおよびコーディング
分析により形式知化し「Art Thinking Theory(ATT)」を発見した。そして、それを基に開発
した「Artist Experience WorkShop(AEWS)」の実践を通して、ワークショップ前後における
参加者の幸福度、創造性、行動変容期待度をt検定で分析したところ、先行研究で幸福度が低
下するとされる40代でもっとも有意差が確認された。

17:10-17:35 発表5
「がんサバイバーのピアカウンセリングにおけるグラフィックファシリテーションの可能性」
【発表者】奥野 美里(総合政策科学研究科 博士前期課程)

~発表要旨~
リアルタイムで話を見える化しながらファシリテーションを行うグラフィックファシリテーシ
ョンの技法を、ピアカウンセリングに応用。社会実験としてがんサバイバー同士のピアカウン
セリングを実施した結果を、中間発表として報告する。

17:40-18:05 発表6
「ODA 評価の最新動向の紹介とその動向:EvalNet を手がかりに」
【発表者】三上 真嗣(総合政策科学研究科 博士後期課程)

~発表要旨~
政府開発援助(Official Development Assistance、以下ODA)におけるODA 評価を実施するた
めの組織的な基準は、国際的な会議における議論の影響を受けて変容している。日本ではその
実態はあまり知られていないが、この国際会議のメンバーから日本評価学会の報告や懇親会、
また大学院科目の「ODA 政策論研究」を通じて事情を聞くことができた。本報告ではこれを基に
ODA 評価の最新動向を紹介する。具体的には、経済協力開発機構の開発援助委員会および、その
下部組織である開発評価ネットワーク(EvalNet:Network on Development Evaluation)に手が
かりを求め、外務省やJICA、OECDの公開文書を使って歴史的に整理していく。

18:10-18:30 全体討論/講評/まとめ


コーディネーター/コメンテーター

・佐野 淳也(同志社大学政策学部 准教授)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/sano/info.html
・伊藤 理史(同志社大学政策学部 助教)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/ito/info.html
・西山 渓(同志社大学政策学部 助教)
https://policy.doshisha.ac.jp/faculty/nishiyama/info.html
■ 対象:一般/在学生/修了生/教職員/入学希望者
■ 主催: 同志社大学政策学会
◎問い合わせ
西山 渓研究室
knishiya@mail.doshisha.ac.jp
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

◎同志社大学大学院 総合政策科学研究科
「開かれたアカデミズム」の理念に基づき、高度な問題解決力を総合的に備えた政策エキスパ
ートの養成を行う大学院。夜間や土曜日の授業を中心に充実したカリキュラムを提供してお
り、前期課程では「政策研究コース」と「ソーシャル・イノベーションコース」の2コース制
を採用。発足して25年、政府、企業、非営利団体など、社会の各分野の第一線で活躍する人材
や優秀な研究者を多数輩出している。
《公式サイト》https://sosei.doshisha.ac.jp/
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━□■
開催日
2021年02月17日(水)
15:00~18:30
開催場所
学外
Zoomにて開催
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
  • 受験生
  • 卒業生
  • 一般の方
参加申込
  • 要申込
グーグルフォームで事前に申し込みをされた方に、後日Zoomのリンクをお送りします。
お問い合わせ先
西山 渓研究室knishiya@mail.doshisha.ac.jp