同志社大学 政策学部

  1. 政策学部ホーム
  2. 講演会・セミナー・イベント一覧
  3. 政策学会セミナー開催のお知らせ 10/21(水)15:00~16:00

政策学会セミナー開催のお知らせ 10/21(水)15:00~16:00

'20年10月6日 更新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年度第1回同志社大学政策学会Webinar

「将来の市民」から「熟議者」へ』
熟議民主主義の理論を応用した学校での民主主義教育の取り組み

2020年10月21日(水)15:00-16:00

Zoomによるオンライン・ウェビナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発表の概要
 2000年代以降、民主主義理論の焦点は、投票や議会といった選好の集計や代表を中心とした考えから、市民の公共圏でのコミュニケーション中心の考え方、いわゆる熟議民主主義へと変化してきた。ここでいう「熟議」とは、単なる話し合いを超えた、真正さ(Authenticity: 自身の立場や意見を適切に表明し、異質な他者の意見を聞き、考え、必要に応じて自らの意見を反省的に変容させること)かつ、包摂さ(Inclusiveness: すべての人が自由に意見を表明でき、多様な意見が聞かれ、尊重される)を兼ね備えたコミュニケーションを指す。
 本報告ではこの熟議民主主義の立場に立ち、その理論を学校教育に応用した民主主義教育の実践として、報告者がオーストラリアと日本の学校で行ってきた実践を報告・考察する。2つの公立学校における「民主的な学校」などについての熟議の実践(オーストラリア)おとび2つの工業高等専門学校における、「中絶・遺伝子操作と科学技術の倫理」の熟議(日本)について報告し、その上で熟議型の教育によって従来「将来の市民futurecitizens」とされてきた子ども・若者が、いかにして政治的主体、あるいは「熟議者deliberators」として活動をするかを考察する。

とき 2020年10月21日(水)15:00〜16:00

ところZoomによるオンライン・ウェビナー
 通常政策学会セミナーは対面による学会形式の報告会となりますが、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、当面の間Zoomを用いたウェビナー形式で行います。参加を希望される方は、事前にご連絡ください。

報告者
 西山渓(同志社大学政策学部 助教)
 1990年生まれ。埼玉県出身。キャンベラ大学熟議民主主義とグローバル・ガヴァナンス研究センター博士課程修了。Ph.D. in Political Science。キャンベラ大学ティーチングフェロー、オーストラリア国立大学上級研究員などを経て現職。専門は熟議民主主義論、対話型民主主義教育の理論と実践、子ども・若者の政治参加など。Journal of Youth Studies, Journal of Deliberative Democracy, Journal of Human Rights,
International Journal of Social Research Methodologyなどで上記の分野の論文を執筆。
西山 渓リサーチマップ

要申し込み(事前に申し込みをされた方に、Zoomのリンクをお送りします。)
申し込み先:申し込みフォームはこちら



参加無料

主催:同志社大学政策学会

連絡先:西山 渓knishiya@mail.doshisha.ac.jp
    伊藤 理史takito@mail.doshisha.ac.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年度第1回同志社大学政策学会Webinar

「将来の市民」から「熟議者」へ』
熟議民主主義の理論を応用した学校での民主主義教育の取り組み

2020年10月21日(水)15:00-16:00

Zoomによるオンライン・ウェビナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発表の概要
 2000年代以降、民主主義理論の焦点は、投票や議会といった選好の集計や代表を中心とした考えから、市民の公共圏でのコミュニケーション中心の考え方、いわゆる熟議民主主義へと変化してきた。ここでいう「熟議」とは、単なる話し合いを超えた、真正さ(Authenticity: 自身の立場や意見を適切に表明し、異質な他者の意見を聞き、考え、必要に応じて自らの意見を反省的に変容させること)かつ、包摂さ(Inclusiveness: すべての人が自由に意見を表明でき、多様な意見が聞かれ、尊重される)を兼ね備えたコミュニケーションを指す。
 本報告ではこの熟議民主主義の立場に立ち、その理論を学校教育に応用した民主主義教育の実践として、報告者がオーストラリアと日本の学校で行ってきた実践を報告・考察する。2つの公立学校における「民主的な学校」などについての熟議の実践(オーストラリア)おとび2つの工業高等専門学校における、「中絶・遺伝子操作と科学技術の倫理」の熟議(日本)について報告し、その上で熟議型の教育によって従来「将来の市民futurecitizens」とされてきた子ども・若者が、いかにして政治的主体、あるいは「熟議者deliberators」として活動をするかを考察する。

とき 2020年10月21日(水)15:00〜16:00

ところZoomによるオンライン・ウェビナー
 通常政策学会セミナーは対面による学会形式の報告会となりますが、昨今の新型コロナウィルスの感染拡大を受け、当面の間Zoomを用いたウェビナー形式で行います。参加を希望される方は、事前にご連絡ください。

報告者
 西山渓(同志社大学政策学部 助教)
 1990年生まれ。埼玉県出身。キャンベラ大学熟議民主主義とグローバル・ガヴァナンス研究センター博士課程修了。Ph.D. in Political Science。キャンベラ大学ティーチングフェロー、オーストラリア国立大学上級研究員などを経て現職。専門は熟議民主主義論、対話型民主主義教育の理論と実践、子ども・若者の政治参加など。Journal of Youth Studies, Journal of Deliberative Democracy, Journal of Human Rights,
International Journal of Social Research Methodologyなどで上記の分野の論文を執筆。
西山 渓リサーチマップ

要申し込み(事前に申し込みをされた方に、Zoomのリンクをお送りします。)
申し込み先:申し込みフォームはこちら



参加無料

主催:同志社大学政策学会

連絡先:西山 渓knishiya@mail.doshisha.ac.jp
    伊藤 理史takito@mail.doshisha.ac.jp
開催日
2020年10月21日(水)
15:00~16:00
開催場所
学外
Zoomにて開催
費用
  • 無料
対象者
  • 在学生
参加申込
  • 要申込
事前に申し込みをされた方に、Zoomのリンクをお送りいたします
お問い合わせ先