政策学部_RSSニュースリスト https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/news.rss 政策学部_RSSニュースリスト ja Copyright(C) Doshisha University All Rights Reserved. Wed, 28 Feb 2024 17:52:12 +0900 http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss 【総政】受験生の方へ:2025年度大学院外国人留学生入学試験における出願書類の変更について

2025年度 大学院外国人留学生入学試験 総合政策科学研究科 博士課程(前期課程・後期課程)入学試験において出願書類を以下の通り変更します。


 <変更内容>

 秋期入試、春期入試とも日本国内居住者は提出不要だった日本語能力を証明する書類の提出を必須とします。

 「日本留学試験(日本語)」の受験票(または成績通知書)のコピー、または成績確認書、もしくは「日本語能力試験(N1)[注]」の「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」の原本(オリジナル)を提出してください(点数・合否は問いません)。秋期入試は2023年4月以降、春期入試は2023年9月以降に受験したもので、出願時に提出可能なものに限ります。

 [注]日本語能力試験の合否結果通知書(ハガキ)では出願を受け付けることができませんので、「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」の原本(オリジナル)の発行が願書提出期間に間に合うように、各試験を受験してください。 

 なお学内進学を希望する者および特別学生から正規学生への変更を希望する者はこれまで通り提出不要です。

以上

関連情報 同志社大学への留学を希望される方
大学院外国人留学生入試についてはこちらでご確認ください

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-yxuZKX.html Wed, 21 Feb 2024 17:09:14 +0900
【総政】2024年度 研修生・研究生の出願について

2024年度 研修生・研究生の出願について、出願に関する情報を掲載いたします。
希望する方は関連書類を熟読のうえ、手続きを進めてください。
※手続きには締切が設定されていますので、ご注意ください


【関連書類】2024年度 研修生・研究生の出願について


お問い合わせ

総合政策科学研究科事務室

電話:075-251-3860
E-mail:ji-sosei@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-o7nI6f.html Fri, 09 Feb 2024 14:29:10 +0900
【 祝! 全国1位 】 政策学部・足立ゼミ 「キャリアゲートウェイ 2023」ビジネスコンテストで『最優秀賞』を受賞!

サイトリニューアルのため再掲出
2024年1月16日初出

2024年1月13日、政策学部・足立ゼミ2年次生の南堀 景さん、岡本 瑞樹さん、梅田 大智さん、吉村 謙伸さん達のチームは、全国型ビジネスコンテストで見事に本大会の最高栄誉である『最優秀賞』を受賞し、全国1位に輝きました!

dodaキャンパスによって開催される「キャリアゲートウェイ 2023」ビジネスコンテストは、SDGs 課題をアプリで解決することを目的とした全国型のビジネスコンテストです。南堀 景さん、岡本 瑞樹さん、梅田 大智さん、吉村 謙伸さん達のチームは、当コンテストにSDGs をテーマにしたビジネスアイデア『wayway』を提出したところ、昨年末の予選において審査委員から高い評価を得て、当コンテストのファイナリストに選出されました。そして、1月13日に東京でおこなわれたグランプリファイナルに参加し、全国の強豪をおさえ、見事に本大会の最高栄誉である『最優秀賞』を受賞しました。

全国型ビジネスコンテストの頂点に立つという素晴らしい快挙、本当におめでとうございます!
今後とも同志社大学から持続可能な社会を築くためのビジネスアイデアが発信されていくことを望みます。



お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-NrkRVH.html Mon, 05 Feb 2024 21:04:46 +0900
政策学部・足立ゼミ 「知財ビジネスアイデア学生コンテスト」で3賞を受賞!

 2024年1月27日、「令和5年度 知財ビジネスアイデア学生コンテスト」の本選(最終審査会)」が大阪市北区の大阪工業大学梅田キャンパスで開催されました。「知財ビジネスアイデア学生コンテスト」は近畿経済産業局によるビジネスアイデアの企画立案に関するコンテストであり、パテント部門、デザイン部門、 地域ブランド部門の3部門でビジネスアイデアを競うものです。

 政策学部・足立ゼミからは3チーム(「木村 颯汰さん、美保 佳凜さん、鵜飼 和奏さん、小西 凜さんのチーム」「藤井 結子さん、坂本 光佑さん、江川 はるなさんのチーム」「青木 萌優さん、藤田 桜子さん、平井 佑哉さん、上田 廉さんのチーム」)が当日の最終審査会に選出されました。当日は3チームとも素晴らしいプレゼンテーションを行った結果、3チームそれぞれが名誉ある賞を受賞しました!(写真1)

20240116adachi.jpg (83131)
(写真1)

<デザイン部門における受賞>
(1) 受賞その1「審査委員特別賞」(デザイン部門)
政策学部・足立ゼミ生の木村 颯汰さん、美保 佳凜さん、鵜飼 和奏さん、小西 凜さんのチーム(MUKKs)は「コドモヒロバ 〜いじめダメよヤメよ〜」というアイデアでデザイン部門の「審査委員特別賞」を受賞しました。(写真2)

/image/seijm/news/20240131adachi-2.jpg?0.21688702834162332
(写真2)

(2) 受賞その2「敢闘賞」(デザイン部門)
政策学部・足立ゼミ生の藤井 結子さん、坂本 光佑さん、江川 はるなさんのチーム(The Last)は「Close (clothes) to Open ~服を通してより良い世界へ~」というアイデアでデザイン部門の「敢闘賞」を受賞しました。(写真3)
/image/seijm/news/20240131adachi-3.jpeg?0.03765760712537736
(写真3)
<地域ブランド部門における受賞>
(3) 受賞その3「審査委員特別賞」(地域ブランド部門)
政策学部・足立ゼミ生の青木 萌優さん、藤田 桜子さん、平井 佑哉さん、上田 廉さんのチーム(チームひらい)は「Go! Go! CHAガユ♪ 〜ミャクミャクと受け継がれる奈良の茶がゆ〜」というアイデアで地域ブランド部門の「審査委員特別賞」を受賞しました。(写真4)
/image/seijm/news/20240131adachi-4.JPG?0.20351617970158697
(写真4)
 名誉ある3賞の受賞、誠におめでとうございます! これからも同志社大学から素晴らしいアイデアが提案されていくことを期待しています。

お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-BIMzlo.html 2 Mon, 05 Feb 2024 10:32:59 +0900
【政策】2024年3月に政策学部を卒業予定の皆さんへ

2023年度 政策学部秋学期卒業判定および卒業式につきまして、添付のとおり通知いたします。
(お電話やメールによる卒業可否の問い合わせには対応できませんので、予めご了承ください)

あわせて、大学HP案内もご確認ください。


関連書類


お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-zkV5dr.html Mon, 05 Feb 2024 10:00:00 +0900
2024年度開講 「プロジェクト演習」 の履修について

2024年度開講 「プロジェクト演習」 の履修について

'23年12月13日 更新
2024年度開講の「プロジェクト演習」履修志望者は、下記の要領に従って手続きをしてください。
2024年度開講の「プロジェクト演習」履修志望者は、下記の要領に従って手続きをしてください。
関連書類
]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/2023/1213/news-detail-293.html Wed, 31 Jan 2024 17:13:44 +0900
期末試験における不正行為について

政策学部学生の皆さんへ

政策学部長

2023年度秋学期末試験における不正行為について

 皆さんは、政策学部における不正行為の取り扱いおよび「対面試験等(授業内評価・定期試験)」の注意事項等をご覧になったことはあるでしょうか。試験が厳正に行われるべきであることはいうまでもありませんが、これは「レポート試験」、「オンライン試験」、および「多面的評価(小テスト、小レポート等)」においても同様です。つまり、これらの試験における不正行為も、対面試験における不正行為と同様に取り扱われるということです。

 不正行為については、履修要項や大学ホームページにも記載がありますので、改めて「試験上の注意」、「論文・レポート試験の注意」、「e-learning等Learning Management System (LMS)による試験に関する注意」および、科目担当者から提示される「オンライン試験受験時の注意事項について」等をよく読み、不正行為(若しくは疑わしいと判断される行為)をしないよう、厳に注意してください。

 なお、オンライン試験やレポート試験、多面的評価において著しい類似解答等、不正行為が疑われるような場合には(答案およびレポートの記述については、剽窃検知ソフトを用い、他の学生の記述やインターネットその他の情報との類似度をチェックします)、該当者を呼び出し、政策学部教員が詳しく事情を確認します。その結果、政策学部教授会が「不正行為」と認定した場合には、その試験が実施された学期中の全科目を不合格または0点とし、これを公表します。
※学業成績に係る要件を満たさなくなることで、「高等教育の修学支援新制度」をはじめとする各種経済支援(奨学金)等が受けられなくなる場合があります。

2023年度 政策学部 履修要項「学業履修について」

Ⅲページ以降「2.試験上の注意」「3.論文・レポート試験の注意」「4.e-learning等Learning Management System(LMS)による試験に関する注意」「5.授業内に行われる多面的評価について」参照

 また、2023年6月1日に論文・レポート試験における生成AIの使用について、履修要項に掲載している「学業履修について」を以下のように改定しました。

学業履修について【抜粋】

3.論文・レポート試験の注意
(2)論文・レポートに関する不正行為について。
次のような論文・レポートの不正作成は、筆記試験におけると同様に不正行為として取扱い、教授会が認定した場合は学部一般内規に従って処分の対象とします。

  1. 論文・レポートの作成にあたって、他人の著作物や WEB 上の情報等を参照・引用したにもかかわらず、引用部分の明示や出典の記載もなく、自身で作成したように記述すること。
  2. 他人が作成した論文・レポートを自分のものとして提出すること。
  3. 他人に依頼し作成された論文・レポートや電子的なツールやソフト等に指示し生成された論文・レポートを自分のものとして提出すること。
  4. 他人に依頼されて論文・レポートを作成すること。
  5. 転記目的で他人が作成した論文・レポートの提供を受けること、また自身が作成した論文・レポートを転記目的で他人に提供すること。
  6. その他、論文・レポートの公平性を損なう行為をすること。

オンライン試験受験時の注意事項について【抜粋】

  • 本人とは異なるアカウントでサインインしている場合は「なりすまし」(不正行為)とみなされる場合があります。とくに、Formsを利用した試験の場合には、予めブラウザのキャッシュをクリア(リンク先の閲覧にはユーザ認証が必要です)し、必ず自身のアカウントで正しくサインインしたことを確認したうえで解答するようにしてください。
  • オンライン試験の受験中、または受験後、試験問題や解答内容の漏えい・公開(SNSでの配信等含む)はしないでください。
  • 「試験等の種類と注意」で定める不正行為等があって、当該学部教授会がそれを認定した場合は、 その試験が実施された学期中の全科目を不合格(2004年度生以降)または0点(2003年度生以前)とし、これを公表します(ただし、当該教授会が定める科目については除く)。

以上

関連情報 政策学部学生の皆さんへ[PDF 84KB]

お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-I9CER4.html Wed, 31 Jan 2024 17:08:13 +0900
政策学部・野田ゼミ「第7回和歌山県データ利活用コンペティション」の最終審査会で政策アイデア賞を受賞!

サイトリニューアルのため再掲出
2023年12月18日初出

 2023年12月16日、政策学部・野田ゼミ3年次生(チーム名:R304)の石黒柚花さん、赤松和奏さん、大艸能都さん、熊谷知也さん、千田一輝さん、三長茉桜さんが、和歌山市で開催された第7回和歌山県データ利活用コンペティションの最終審査会で、政策アイデア賞(2位)を受賞しました。

 提案タイトルは「就農キャリキュラム ~過疎地域の交流人口拡大を目指す就農支援プラン~」です。これは、セカンドライフを就農でもう一花咲かせようとする個人の動機づけに着目したもので、新たなキャリア形成をカリキュラム形式で提案するものです。ユニークですが、社会的ニーズの高い政策案であるため高く評価されました。



お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-wp325u.html Tue, 30 Jan 2024 10:44:37 +0900
政策学部・野田ゼミ 「第19回 京都から発信する政策研究交流大会」で理事長賞(全体1位)、優秀賞2つ受賞。

サイトリニューアルのため再掲出
2023年12月18日初出

C班のメンバー
平井杏奈さん、北川真緒さん、草原卓実さん、松本大輝さん、毛利楓さん、津田采音さん、内原雅貴さん、山本幸さん(アルファベット順)
A班のメンバー
浅田剛志さん、藤林若葉さん、廣崎颯太さん、廣田彩海さん、井上武蔵さん、松元直也さん、宮本真央さん、吉岡希さん(アルファベット順)
B班のメンバー
藤原凜香さん、木村望想さん、栗栖杏実さん、新川泰隆さん、髙谷怜央さん、田邉理子さん、横田麻優子さん、柚鳥太河さん(アルファベット順)

 政策学部・野田ゼミ2年次生C班が、 12月17日に開催された大学コンソーシアム京都の政策研究交流大会で、大学コンソーシアム京都理事長賞(論文と口頭発表を総合した全体1位)を受賞しました。発表テーマは、「シビックテックによるまちづくり展開支援-市民の視点が変える京都市の協働モデル」です。

 また、野田ゼミのA班の「学校種別をふまえた機動的教育プラットフォ-ム-京都市の教育現場における業務負担軽減のために」と、B班の「自治会脆弱化を改善する自治会等予算提案制度-定年男性の孤立化解消を手がかりにして-」もそれぞれ分科会で優秀賞を受賞し、ゼミからの参加チームすべてが各分科会で1位となりました(3年連続全チーム分科会1位、全体1位2年連続)。

みなさん、おめでとうございます。



お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-fHGruO.html Tue, 30 Jan 2024 10:42:46 +0900
政策学部・足立ゼミ 「キャンパスベンチャーグランプリ大阪」で「奨励賞」受賞

サイトリニューアルのため再掲出
2023年12月18日初出

 2023年12月13日、「キャンパスベンチャーグランプリ(CVG)大阪」大会の最終審査会(ファイナル)が大阪産業創造館(大阪市中央区)で開催されました。キャンパスベンチャーグランプリは、大学・大学院・高等専門学校・短期大学・専門学校の学生による国内最大級の新事業提案コンテストです。

 当日のファイナルにはこれまでの厳しい審査をくぐりぬけ、政策学部・足立ゼミ3回生の藤原 ゆいさん、伊東 空生さん、岡村 翼さん、本多 紗彩さんのチームが出場しました。藤原さんのチームは「TyTy」という妊婦さんの健康を配慮した新しいビジネスモデルを発表して、本大会の「奨励賞」を受賞しました。本当におめでとうございます。

 今後も同志社大学から素晴らしいビジネスモデルが発信されていくことを期待しています。



お問い合わせ

政策学部事務室

TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-GpIn5T.html Tue, 30 Jan 2024 10:39:47 +0900
長期履修学生制度の申請について

Webサイトリニューアルに伴い再掲出
2024年1月9日初出

長期履修学生制度を申請される方は、制度適用対象者、提出書類、申請時期等の詳細を履修の手引きで確認のうえ、下記関連書類掲載の「長期履修申請書」と「別紙:履修計画書」をご提出ください。

関連書類

長期履修申請書[DOC 40KB]

別紙:履修計画書[DOCX 26KB]


関連情報

長期履修学生制度の取り扱い


お問い合わせ

総合政策科学研究科事務室

TEL:075-251-3860
FAX:075-251-3094
E-mail:ji-sosei@mail.doshisha.ac.jp

お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)

]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/detail/033-J7eNlq.html Mon, 29 Jan 2024 16:04:00 +0900
【政策学部2年次生対象】演習Ⅱクラス変更手続きについて

【政策学部2年次生対象】演習Ⅱクラス変更手続きについて

'23年12月13日 更新
履修要項に記載のとおり、演習Ⅱにすすむ際のクラス変更の機会を設けます。
クラス変更を希望する学生は、下記の要領に従って手続きをしてください。
変更申込書は政策学部事務室にて配布しています。
履修要項に記載のとおり、演習Ⅱにすすむ際のクラス変更の機会を設けます。
クラス変更を希望する学生は、下記の要領に従って手続きをしてください。
変更申込書は政策学部事務室にて配布しています。
関連書類
]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/2023/1213/news-detail-295.html Wed, 13 Dec 2023 00:00:00 +0900
2023年度秋学期に博士学位論文を提出して退学をする予定の方へ

2023年度秋学期に博士学位論文を提出して退学をする予定の方へ

'23年12月6日 更新
 2023年度秋学期に博士学位論文を提出し、退学後に審査を受けることを考えている学生は、下記関連書類を確認のうえ、提出要領の詳細を総合政策科学研究科事務室にお問い合わせください。
 2023年度秋学期に博士学位論文を提出し、退学後に審査を受けることを考えている学生は、下記関連書類を確認のうえ、提出要領の詳細を総合政策科学研究科事務室にお問い合わせください。
関連書類
]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/2023/1206/news-detail-220.html Wed, 06 Dec 2023 00:00:00 +0900
政策学部・野田ゼミ 内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」で近畿経済産業局長賞受賞!

政策学部・野田ゼミ 内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」で近畿経済産業局長賞受賞!

'23年12月1日 更新
 政策学部・野田ゼミ3回生の山田菫子さん、吉田愛里さん、苻川幸歩さん、桐畑拓人さん、藤田怜さん、宮脇昌子さん、林田美羽さん、田口大登さん、奥田真さん、加藤有唯さん、荻野龍太さんは、内閣府主催の地方創生☆政策アイデアコンテスト2023(大学生以上一般の部)で、「成功の原点は美山にあった 子どもドリブン×非認知能力」を提案し、近畿経済産業局長賞を受賞しました(2023年11月30日)。
 野田ゼミでは、偏差値より非認知能力の高さが成功に導くこと、そうした非認知能力をのばす環境は、都会より、自然のリアリティを体感できる地方にあることを念頭におき、南丹市美山への効果的な地方留学を提案しました。
 提案にあたっては非認知能力向上効果を測定する必要がありましたが、実際に南丹市美山に子どもに集まってもらいイベントを開催のうえ、非認知能力の変化を測定し高い効果を検出しました。
 新しいアイデアが評価された本提案は、自治自立の同志社精神あふれる学生たちの成果です。

地方創生☆政策アイデアコンテスト2023 審査結果はこちら - 外部サイト
https://www.kansai.meti.go.jp/7kikaku/resas-support/ideacontest2023.html
政策学部・野田ゼミ 内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」で近畿経済産業局長賞受賞!
政策学部・野田ゼミ 内閣府主催「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」で近畿経済産業局長賞受賞!
 政策学部・野田ゼミ3回生の山田菫子さん、吉田愛里さん、苻川幸歩さん、桐畑拓人さん、藤田怜さん、宮脇昌子さん、林田美羽さん、田口大登さん、奥田真さん、加藤有唯さん、荻野龍太さんは、内閣府主催の地方創生☆政策アイデアコンテスト2023(大学生以上一般の部)で、「成功の原点は美山にあった 子どもドリブン×非認知能力」を提案し、近畿経済産業局長賞を受賞しました(2023年11月30日)。
 野田ゼミでは、偏差値より非認知能力の高さが成功に導くこと、そうした非認知能力をのばす環境は、都会より、自然のリアリティを体感できる地方にあることを念頭におき、南丹市美山への効果的な地方留学を提案しました。
 提案にあたっては非認知能力向上効果を測定する必要がありましたが、実際に南丹市美山に子どもに集まってもらいイベントを開催のうえ、非認知能力の変化を測定し高い効果を検出しました。
 新しいアイデアが評価された本提案は、自治自立の同志社精神あふれる学生たちの成果です。

地方創生☆政策アイデアコンテスト2023 審査結果はこちら - 外部サイト
https://www.kansai.meti.go.jp/7kikaku/resas-support/ideacontest2023.html
お問い合わせ先
政策学部事務室
TEL:075-251-3107
FAX:075-251-3108
E-mail:ji-seijm@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)
]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/2023/1201/news-detail-385.html Fri, 01 Dec 2023 00:00:00 +0900
2023年度 岡本ゼミによる海外フィールドワークの成果報告

2023年度 岡本ゼミによる海外フィールドワークの成果報告

'23年11月28日 更新
政策学部では、PBL(課題解決型学習)の取組みを推進することを目的とし て、ゼミ単位で実施されるフィールドワーク等に対する支援を行っています。航空運賃の高騰により、2023年度もまた、アフリカでの海外フィールドワークが困難になってい ますが、岡本ゼミでは従来行ってきた海外(ウガンダ)でのフィールドワークを オンライン化する先進的な取り組みを続けて行っています。また、今年度は、ゼミ在籍最終年度の4年生のみ、フィジー共和国にて、初めて海外フィールドワークを行いました。昨年度に続き今年度も、その成果を岡本由美子教授よりご紹介いただきました。
詳細は、「関連資料」をご覧いただけましたら幸いです。なお、10/28にはハイブリッド形式でのフィールドワーク 成果報告会が実施されま したので、そのチラシも「関連資料」として掲載してい ます。
報告会の様子
政策学部では、PBL(課題解決型学習)の取組みを推進することを目的とし て、ゼミ単位で実施されるフィールドワーク等に対する支援を行っています。航空運賃の高騰により、2023年度もまた、アフリカでの海外フィールドワークが困難になってい ますが、岡本ゼミでは従来行ってきた海外(ウガンダ)でのフィールドワークを オンライン化する先進的な取り組みを続けて行っています。また、今年度は、ゼミ在籍最終年度の4年生のみ、フィジー共和国にて、初めて海外フィールドワークを行いました。昨年度に続き今年度も、その成果を岡本由美子教授よりご紹介いただきました。
詳細は、「関連資料」をご覧いただけましたら幸いです。なお、10/28にはハイブリッド形式でのフィールドワーク 成果報告会が実施されま したので、そのチラシも「関連資料」として掲載してい ます。
関連書類
]]>
https://www.doshisha.ac.jp/policy/news/2023/1128/news-detail-384.html Tue, 28 Nov 2023 00:00:00 +0900