このページの本文へ移動
ページの先頭です
以下、ナビゲーションになります
以下、本文になります

教員紹介

Ofer Feldman 教授

オフェル フェルドマン

Ofer Feldman 教授

研究分野(学部) 政治心理学
研究テーマ(大学院) 政治心理学・政治的コミュニケーション
研究室 渓水館228号室
個人ホームページ
メールアドレス ofeldman@mail.doshisha.ac.jp

研究の関心(研究内容を含む)

 私の専門は政治心理学です。特に政治と人間との関わりの中で、人間の心理に関するものが主な関心事項です。人間の社会的(政治的)行動と心理的な要因の関係について、比較文化的側面からの研究を行っています。具体的には、投票やリーダーシップといった日本人の政治行動と、その理由や結果について研究を行い、さらに他の先進国のそれと比較しています。ここ30年間は、日本のメディアの政治における役割に焦点を当てています。特に政治報道の内容と影響が、「情報源とジャーナリストの関係」や「諷刺漫画の特徴と構造」、及び「政治的なイメージの形成と変化」、「政治リーダーのパーソナリティ(政治的動機と人格)が日本と他の社会ではどう違うか」、などについて研究してきました。加えて、政治におけるシンボルや言語、その特徴といったものも取り上げてきました。

 現在の基本的な興味は、政治におけるコミュニケーションの影響です。「日本の政治過程の中でも、テレビのインタビュー番組での質問はどういった特徴があるか、また日本の指導的立場にある政治家などがどのように幅広い質問に答えているのか」といった内容を研究の中心課題にしています。日本の政治はユニークな部分が多々あります。じゃあ具体的にどこか、と考えても、本当に数えきれません。その中でユニークな部分を見つけていくことは、私にとって非常に面白い作業です。これからも学生諸君と一緒に、様々なことに興味を持ちながら、研究を重ねていきたいと思います。

プロフィール

イスラエルのテル=アビブ生まれで、大学の学部まで過ごしました。大学院はエルサレム=ヘブライ大学に進学し、修士号を取ってから国費留学生として1982年に日本に来日。最初に学んだのは大阪で、大阪外国語大学(現・大阪大学)で日本語を学んだ後、東京に移り、東京大学の新聞研究所(研究生)、社会心理学研究室(博士課程)で5年間過ごし、博士号を取得しました。その後慶応大学で1年、茨城大学で4年、筑波大学で3年指導したのち、鳴門教育大学でも教鞭を執り徳島県にも9年居住しました。その間、東京大学や京都大学などで教えて、在外研究のためイギリス(大和日英フェロー)、カナダ、アメリカ(フルブライトフェロー)、ドイツ、イスラエル(レディーデービスフェロー)、オーストラリアなどでも過ごしました。その他世界中の学会にも出席し、各地のスーパーマーケットと市場には詳しいです。

講義・演習・少人数クラスについて

政治行動学(Political Behavior, Political Psychology)

 政治行動学の講義の中心テーマの政治行為について、政治的な活動とその結果が個人や集団、国家にどのような影響をもたらすかということを解説します。授業ではコミュニケーションやリーダーシップ、政治と文化、学習と政治的社会化などについて細かく論じます。論理的な話だけではなく、私自身が政治家やオピニオン・リーダーなどの関係者から集めたデータも織り込んで講義します。同時に、政治家やマス・メディア関係者などを授業に招き、政治や日本社会についての話を聞いて現代の日本の見方、若者の関わり方及び役割について話してもらう予定です。

受験生へのメッセージ(学部・大学院)

Studies in the undergraduate and the graduate levels are not limited to the acquisition of knowledge and skills. Through interaction with instructors and students with different attitudes, values, and cultural backgrounds, we look forward to broadening your awareness and understanding of yourself and others, opening new possibilities for interaction with people around you, and developing the ability to challenge life events and goals.