こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP最新情報 > 1/16(水)学生リサーチ成果報告会のお知らせ

最新情報

1/16(水)学生リサーチ成果報告会のお知らせ

2013年1月15日



【1・2回生も積極的にご参加ください】



2012年度PBL推進事業として政策学部では「学生リサーチ支援事業」を行いました。

政策学部には授業や授業以外にも自主的な活動に積極的に取り組む学生が少なくありません。

そのような学生を支援し、より深い学びを得られるよう活動資金の補助を行いました。

プロジェクトとして取組んだ学生の成果報告を行います。ふるってってご参加ください。

 


□主催 政策学部PBL推進室

□日時 2013116() 3限:1315分~1445

□場所 新町キャンパス 尋真館44a教室(Z44a

□形式 学生からのプレゼンテーションと、コメンテーターからの質疑応答を行います。

    ※コメンテーター:風間規男先生(政策学部)、柴田悠先生(政策学部)


□プログラム

13:15 開会

13:2013:45 

(報告1「まちづくりにおける地域メディアの活用~被災地・岩手県大槌町を例に~」


報告者:井口ゼミ 4回 亀岡雅俊

概 要:津波で大きな被害を受けた岩手県大槌町に夏休みの1週間滞在し、インターンシップ生として地域メディア立ち上げに携わった。今回は卒業論文を見据えて、より研究を深めるために再度現地入りし、現地の地域メディア発展に貢献したい。




13:5014:15 

(報告2「国際活動プロジェクト~世界の夢を日本の未来へ~」


報告者:風間ゼミ 3回 国際班リーダー 山本洋輔

概 要:「こどもの夢」に着目した。年々低下していくこどもの夢の所有率、さらに年齢を重ねていく毎にその割合は減少し、今では大学生の約2人に1人が夢がないという現状を問題提起した。「夢プロジェクト」と題して、「夢」を持っていないこどもには夢をもってもらい、「夢」を持っているこどもにはその「夢」を持続してもらうことを、また「夢」を実現するための努力をすることの大切さを感じてもらうことを目的とした活動を実践する。




14:20~14:45 

(報告3)「ビッグデータ収集に伴う消費者の心的抵抗の解決」


報告者:柿本ゼミ 3回 中山祐輔

概 要:近年、分散計算技術の発展によって「ビッグデータ革命」が騒がれている。従来ならばウェブ系専門企業しか扱えなかったような膨大な量のデータを一般企業までも安価に、簡易に処理できる技術が確立された。しかしながら、個人情報の扱いは重大な課題となっており消費者の心的抵抗は拭うことができていない。この心的抵抗をいかになくしデータ収集できるかを他分野のビジネスモデルを参考としつつ模索する。




問合せ:同志社大学政策学部PBL推進室(渓水館2F 221) 担当:川北

TEL:075-251-3605 MAIL:ykawakit@mail.doshisha.ac.jp