こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP学部案内 > 人材養成目的、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

学部案内

人材養成目的

人材養成目的

政策学部政策学科は、現代社会が求める高度な問題発見・解決能力について、問題発見の基礎となる、 個別の学問分野にとどまらない社会諸科学相互の連携による学際的な知識や方法を学び、 公共政策、企業政策、国際政策に関わる問題発見・解決の実践をとおして、時・場所を問わず、 問題解決の中心で活躍できる基礎力を身に付けて、公的機関や民間企業などの政策や戦略の立案等において活躍する人材を養成することを目的とする。


ディプロマ・ポリシー

  1. 時代と歴史の背景をふまえたうえで、グローバル社会が抱える政策課題と、自らが住む地域社会の個別具体的な政策課題とを関連させて認識できる「態度」(グローカリズム)を身につけるようにする。
  2. この認識から得られる「知識」を、政策学における学際的知見と学問を応用した方法にもとづき育成された分析能力に反映させ、問題発見能力と問題解決能力を身につける。
  3. 分析から得られた結論、発見した問題とその解決案を、他者に適正に伝達できるようになる「技能」を磨く。

カリキュラム・ポリシー

  1. コミュニケーションや伝達の技能を磨くためにオリエンテーション科目、基礎能力養成科目、外国語教育科目を設置する。
  2. 学際的知見を獲得し、また政策分析能力を身につけさせるために基礎科目、導入科目、展開科目A群・B群を置く。
  3. 必要に応じさらなる調査研究能力を求める学生は演習I・II・III、卒業研究演習I・II、卒業論文を選択する。
  4. グローカルな態度を養い、高めるために展開科目A・B・C・D群を置く。