こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

選挙における男女平等

川口 章 投稿者 川口 章 : 2019年4月1日

 選挙は性別にかかわらず、一人一票を投じますので、男女平等な制度のように見えます。しかし、選挙に立候補する立場からすれば、とても平等とは言えません。2019年は、4年に1度行われる統一地方選挙の年です。多くの地方自治体で首長(知事、市町村長、区長)や議員の選挙が行われます。2015年(前回)の統一地方選挙における男女別立候補者数を見ますと、立候補者全体のうち女性はわずか13.7%で、86.3%が男性でした。これを首長選挙と議員選挙に分けてみますと、首長選挙では、女性立候補者が5.3%、男性立候補者が94.6%であるのに対し、議員選挙は女性が13.2%、男性が86.7%です。首長選挙の立候補者の方がより男性に極端に偏っていることがわかります。当然のことながら、当選者も男性が圧倒的に多くなります。女性は首長の1.7%、地方議会議員の12.8%にすぎません。

続きを読む "選挙における男女平等"