こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

バルカン諸国とEUの東方拡大

月村 太郎 投稿者 月村 太郎 : 2018年2月1日

 冷戦終結後、EU(欧州連合)は、その加盟国を15カ国から28カ国に倍増させた。この間の新規加盟国は、2004年のキプロス、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトビア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロヴァキア、スロヴェニア、2007年のブルガリア、ルーマニア、2013年のクロアチアである。更に、EU加盟のプロセスを、トルコ、マケドニア、アイスランド、モンテネグロ、セルビアが歩んでおり、アルバニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(ボスニア)、コソヴォも加盟を望んでいる。新規加盟国の殆どは、旧東欧、旧ソ連諸国である。この間のEU加盟国数の増加を、東方拡大と称する理由である。論者によって意見は若干異なるが、これらの諸国のうちでバルカン諸国は、クロアチア、ボスニア、セルビア、モンテネグロ、コソヴォ、マケドニア、アルバニア、ルーマニア、ブルガリアである。これにギリシャ、モルドヴァを加えれば、バルカン諸国が網羅されることになる(更に、トルコのヨーロッパ部分を足すと、地域としてのバルカン地域もほぼカバーされることになる)。

続きを読む "バルカン諸国とEUの東方拡大"