こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

経済と文化のディレンマ、あるいは人文知と三つの心(史心・誌心・詩心)とまちつむぎ

井口 貢 投稿者 井口 貢 : 2015年11月1日

「文化政策」と「観光政策」、あるいはそれに関する講義科目や演習を担当していますが、それは本学部に着任するよりも遥か以前からのことで、四半世紀が過ぎようとしています。
 その間、「経済と文化のディレンマ」といかに折り合いをつければよいのかということは、一貫して古くて新しい課題であり続けています。
 僕は他の先生方と違い、「政策学部」においてオーセンティックでオーソドックスな研究者・教員ではないという忸怩たる思いのなかで、ニッチな空間を綱渡りしています。従って研究と教育の分野が「(地域)文化と観光」故ということもあってか、時として「社会科学」を逸脱し「人文科学」はもちろんのこと、最も苦手な「自然科学」の分野にも配慮しなければならないこともあります。例えていえば、「三島由紀夫『潮騒』とコンテンツ・ツーリズムにおける神島島民の暮らしへの影響」、「富士山は何故、世界自然遺産ではなく世界文化遺産なのか?」、「ガラパゴス諸島の絶滅危惧種とオールタナティブ・ツーリズムの光と影」・・・・・等々。

続きを読む "経済と文化のディレンマ、あるいは人文知と三つの心(史心・誌心・詩心)とまちつむぎ"