こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

経済のグローバル化に立ち向かうミャンマー社会の底力

岡本 由美子 投稿者 岡本 由美子 : 2015年4月1日

 2011年3月に民政移管を達成して以降、ミャンマーの快進撃はとまらない。アジア開発銀行の予測によれば、2014年度のミャンマーの国内総生産の年成長率は7.7パーセントであり、2015年、2016年度はさらに高い8パーセント以上の成長率が見込まれている1。果たして、この経済成長は持続可能なものであろうか。

 確かに、政府主導のハード・インフラに対する投資、ヤンゴンやマンダレーといった大都市を中心とした不動産開発、外資企業による製造業への投資、観光業を代表とするサービス産業の興隆がけん引役となり、ミャンマー経済も着実に成長を遂げているといえる。また、ミャンマー国内事業登録件数が2011年を境に劇的に増えており2、ミャンマー民間企業の着実な成長も見てとれる。さらに、2015年3月に日本貿易振興機構ヤンゴン事務所で入手した資料3によると、日本企業のミャンマーへの進出はまだ本格化してはいないものの、ヤンゴン日本人商工会議所会員数は2011年度の50前後から2014年度終わりまでにすでに221まで伸びている。日本のミャンマーに対する期待が相当に大きいことが見てとれる。

続きを読む "経済のグローバル化に立ち向かうミャンマー社会の底力"