こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

衆院選の小選挙区における一票の較差 (2)

大島 佳代子 投稿者 大島 佳代子 : 2013年5月27日

 さて、前回のつづきです。選挙区割りに関する公職選挙法の規定が違憲とされたのに、それに基づいて実施された選挙を有効と解釈する高裁判決がなぜ多いのかという問題です。

 この立場に立つ札幌高裁判決*1は次のように述べています。「選挙を無効とする判決をしても、直ちに再選挙施行の運びとなるわけではなく、憲法に適合する選挙を施行して違憲状態を是正するためには、議員定数配分規定の改正という別途の立法手段を要するのである」から、「諸般の事情を総合考慮し、・・・選挙を無効とする結果余儀なくされる不都合を回避することもあり得るものと解すべきである」。

続きを読む "衆院選の小選挙区における一票の較差 (2)"

衆院選の小選挙区における一票の較差 (1)

大島 佳代子 投稿者 大島 佳代子 : 2013年5月7日

 昨年12月16日に行なわれた第46回衆議院議員総選挙の結果、3年3ヶ月に及ぶ民主党政権が終焉を迎え、第2次安倍内閣が誕生しました。しかし、この政権交代を生んだ選挙が憲法違反であるとして各地で訴訟が提起され、今年3月には16件すべての高裁判決が出揃いました。昨年の衆院選における一票の較差は最大2.43倍(1対2.43)であり、形式的には同じ一票でも選挙の結果(候補者の当落)に及ぼす一票の影響力が2倍以上も違い、このことが憲法の保障する法の下の平等に違反すると問題にされたのです。16件の高裁判決の結論は、「違憲状態、選挙は有効」(2件)、「違憲、選挙は有効」(12件)、「違憲、選挙は無効」(2件)と3つに大別されます。

続きを読む "衆院選の小選挙区における一票の較差 (1)"