こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP > 政策最新キーワード

政策最新キーワード

メタボとトクホ

多田 実 投稿者 多田 実 : 2008年4月10日

今月から、いわゆる「メタボ検診」の指導が始まりました。国が定めた基準でメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を発見・予防するための特定健診・保健指導ということですが、40~74才がその対象となり、健康診断などにおいてそのチェックをすることが義務付けられるようになったのです。具体的には、男性の場合、ウエスト85cm以上あるいは85cm未満でも「BMI」(=体重[kg]/(身長[m])の2乗)が「25」以上ならば、保険指導の対象となり、血糖値や中性脂肪の値などをさらに調べてリスクを判定することになります(詳細は下記ページを参照)。

【参考ページ】厚生労働省健康局「標準的な健診・保健指導プログラム」

トクホ印
検診の指導は今月からですが、「メタボ」という言葉は昨年あたりから急速に広まった感があり、それに便乗するような食品の需要も急増しています。これらの商品には、大抵、「トクホ」(特定保健用食品)と呼ばれる表示が付いていますが(左図)、これは、メタボなどに有効であるということを示す臨床試験のデータを、食品メーカーが厚生労働省に提出して許可されたという証しなのです。

ただし、ここで注意したいのは、その効能です。メタボ関連でトクホとして認可された商品には、「許可表示」という具体的な効能の説明文が記されています。ビミョーな表現に注意して読んでみてください。「○○の気になる方に」とか「○○を抑える」などがその典型的な例であり、ズバリ「中性脂肪が減少する」などのような表記にはなっていません。つまり、トクホ商品は決して医薬品ではないということ(本当に治療が必要ならば、これらの商品では「役不足」ということ)です。

また、トクホ商品のWebサイトをいくつか調べると、某学会で発表したとされる臨床試験結果のグラフを見ることができたのですが、臨床で調べられた人数(データ数)が少ないものだと6人、多くても20~40人ぐらいで、その少なさに驚きました。専門ではないので詳しいことはわかりませんが、「医薬品」ではなく「トクホ」だから、このような試験で認められるのでしょうか。で、そこには、よくみるとこのような注釈がありました。「・・・すべての人に○○○が期待できるものではありません」と。

やはり、メタボを克服するにはトクホ商品だけに頼るのではなく、生活習慣を根本的に見直すことが必要なのでしょう。ちなみに、僕は、数ヶ月間、夕食時のビールをやめて腹八分目を心がけたところ、健康診断で「146」だった中性脂肪値が「92」に減りました。たった1人の「臨床データ」ですがご参考まで(笑)

mtada