こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP教員紹介 > 新見 陽子 教授(教員紹介)

教員紹介

教員紹介担当科目・演習紹介

新見 陽子 教授

にいみ ようこ 新見 陽子 教授

専門分野開発経済学・家計経済学
研究室渓水館232号室



専門分野について

私の専門は経済学、特に開発経済学と家計経済学です。経済学において、「家計」は「企業」や「政府」と並ぶ経済主体の一つであり、その行動を正確に理解することは、様々な経済・社会問題に対して適切な政策を考案するための重要な鍵となります。私の場合は、この「家計」に着目し、家計のウェルビーイング(wellbeing)や行動に関する実証分析を行っています。特に、世界経済のグローバル化や人口の少子高齢化など、その時々においてみられる家計を取り巻く環境の変化に、家計がどのように反応し、どのような影響を受けているのかを解明することを研究目的としています。基本的には、研究対象国において全国規模で行われる世帯調査からの個票データをもとに計量経済学的手法を用いて、様々な課題について実証分析を行うというアプローチをとっています。具体的には、これまでに、自由貿易政策や地域貿易協定などといった政策が当該国の貧困や所得分布に与える影響、国外・国内に移住した人たちがとる送金行動のメカニズム、世代を超えた資産・教育格差の問題、高齢者介護が家族介護者の就労行動や主観的ウェルビーイングに与える影響、高齢者の貯蓄行動などについて検証してきました。今後も、日本を含むアジア諸国を研究対象国として、経済学の観点から、政策的インプリケーションをもつ研究に精力的に取り組んでいこうと思っています。

プロフィール

広島県生まれ。家族の理解やサポートのもと、「海外で勉強してみたい」という漠然とした夢を実現すべく、中学校卒業後、単身で英国に留学しました。留学当初は、語学の壁以上に、思考能力や論文を書く力を求められることに戸惑いましたが、今となっては良いトレーニングになったと思っています。その後、エディンバラ大学で経営学を専攻しました。街の一部がユネスコの世界遺産に登録されている歴史・文化溢れるエディンバラで、しっかり学び、しっかり遊び、充実した学生生活を送ることができました。大学院への進学は特に考えてはいませんでしたが、大学で受けた授業を通して開発問題に関心を抱くようになり、まずは神戸大学大学院国際協力研究科で開発経済学を学びました。開発の分野で働くために必要とされる専門性をより高めるため、再び英国に戻り、サセックス大学で経済学を学び博士号を取得しました。その後は、世界銀行やアジア開発銀行に勤務し、国際機関で働くという貴重な経験を得ることができました。特に、アジア開発銀行在任中は、幸せな国として知られるブータンを担当し、大国に挟まれた小さな内陸国が直面する課題について考えさせられる貴重な機会に恵まれました。ただ、大学院時代に感じた研究の面白さを忘れることができず、2014年に帰国し、福岡県北九州市にあるアジア成長研究所で研究職に従事した後、2019年4月より同志社大学に着任することになりました。

メッセージ
「好奇心・探求心」を忘れないで!

大学生活を送る上でも、また社会に出てからも、皆さんにぜひ大切にしてもらいたいことは、「好奇心・探求心」をもつことを忘れないということです。歳を重ねるごとに、つい先入観をもってしまったり、社会の常識を鵜呑みにしてしまいがちですが、皆さんには、「なぜだろう?」、「本当なのかな?」などと頭に浮かんでくる素朴な疑問を大切にし、またその答えを求める行動力を培っていってほしいと思います。あらゆる情報が飛び交う時代だからこそ、ニュースで伝えられている事柄や授業で教わることをそのまま受け止めるのではなく、疑問に思ったことを自分が納得するまで調べる努力を惜しまないことは非常に重要だと思います。そうすることで、自然と、考える力や聞く力が備わり、自分の意見をもてるようになるのではないでしょうか?何より、それがワクワクする、また刺激ある人生を送る一つの秘訣ではないかなと思います。