こちらに共通ヘッダが追加されます。

TOP教員紹介 > 根岸 祥子 准教授(教員紹介)

教員紹介

教員紹介担当科目・演習紹介

根岸 祥子 教授

ねぎし しょうこ 根岸 祥子 准教授

専門分野国際金融と先進国及び途上国・新興国経済
研究室渓水館230号室



専門分野について
開発途上国におけるODAや民間資金、及び国際資本市場の果たす役割についての研究

経済の成長にとって、資本は不可欠なものです。日本を含めた先進国のみならず、開発途上にある国や資本主義への移行を目指す経済においても、国内貯蓄が不足している、国内の金融市場が未発達である、などの理由から、必要な資金の大半を海外からの資本流入に依存しています。このように、今日の世界経済において、程度の差はあるにせよ、国際金融統合は着実に進んでおり、各国の経済運営にとって対外金融取引の重要性は高まっています。したがって、国際金融取引の仕組を学び、それにともなうさまざまなリスクについて理解することは、経済政策を考える上で不可欠であるといえるでしょう。

プロフィール

神奈川県横浜市出身。横浜生まれの横浜育ちの「浜っ子」です。1995年にイギリスに渡るまで、東京圏から離れたことがありませんでした。その後、アメリカ合衆国の首都ワシントンDCで職を得て、2002年に帰国するまでそちらで生活していました。ワシントンでの最後の1年の間に、9月11日の同時多発テロや炭そ菌騒ぎに巻き込まれ、平和の脆さを痛感しました。

メッセージ
知識に基づいた問題解決を

「問題発見能力」を形作る最も重要な要素は、学問体系の理解であることを忘れないで下さい。理論の十分な理解と知識なくしては、自分の力で問題を発見し、解決することはできません。
講義を通じて、このような基礎を身に付けた上で、問題意識を発展させるための議論の場として、演習の時間を最大限活用して下さい。
国内・外で起こっているさまざまな社会問題を分析し、自分なりの解決策を見出せるようになっていただきたいと思います。