2011年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2009年6月18日

申し訳ないですが(・_・、)

「いつ新しいエントリーはあるんだ?」
との声を掛けられる今日この頃です。
更新されない期間も随分と長期になってしまいました。

もともと<受講生>とくに<ゼミ生>向けに
始めた日記でした。

ところが、毎週顔をあわせるのみならず
授業外でのやりとりもあり、
しかも、学年も積み重なってきて、
日記を更新する時間が無くなってきました。
メールだけでも
一期生、二期生、
それぞれ二年半のゼミ期間中に
約8000通もゼミ生にメールしてます。
(日記への不要な書き込みの消去も面倒くさくなりました)


なので、しばらくずっとお休みしておりました。

この春学期からは、
政策学部SNSが正式に稼働しています。

ゼミのみの範囲でやっております。
他の講義等もSNSを通じて
いろいろ可能性も広がるのでしょうが、
いまのところその余裕もなく、
しばらくは範囲を広げる予定もありません。

ということで、
経過報告とお詫びでした。

投稿者 kakimoto : 15:13

2007年4月25日

労働生産性

昨日は朝の8時に大学に来て、
夜の10時までいた。
授業は3コマだったが、
その合間にも、学生との面談が挟まっていたり、
顧問になっているサークルの「集会届け」の判をついたり……。

「労働生産性」ということが、
ホワイトカラーでも頻りに言われる昨今、
小生の労働生産性や如何に?

14時間「労働」における「生産性」ってなによ?
と自問してみるが、
(゜ペ;)ウーン――そもそも何が生み出されたのやら。

そして、今朝も8時には大学に来た。
・・・(;´Д`)ウウッ…
ヴァレリーの朝の禊ぎには、程遠い。

投稿者 kakimoto : 17:13

2007年4月20日

修理から戻ってきたノートパソコン

昨年末に起動しなくなったノートパソコン、
新年度になって
ようやく修理にだすことができて、戻ってきました。

いつものように、HDは初期化されて、
サーヴィスパック2の入れ直しやLANの設定しなおしやらで、
しばらくは、またてんてこ舞いと覚悟も決めてました。

ところが、
故障の原因が増設メモリーの不具合とあって、
拍子抜け。

HDはもとのまま。
あー、助かった\(^o^)/

でも、すこし冷静になってみると、
いろいろ新しいソフトものせて、
動作のことを考えて、メモリーも増設したのに、
それを外したら、ちゃんと動くのかいな?
――動きません!

こっちで何かをしながら、あっちでまた別の何かをする――。
諦めました。
猛烈に遅い。
フリーズの嵐。

三年半つかって、
キーボードのキーの文字は消えたり、消えかかったり。
油性マジックで書いてみるが、全然駄目です。
すぐに消えちゃいます。
押し出し文字シールも使ってみましたが、すぐに剥がれます。

でも、VISTAはしばらく様子見でしょ。
――壊れないパソコンが欲しいなぁ。

投稿者 kakimoto : 08:55

2006年12月 6日

<AM2006>第8回・第9回――受け身からの脱出

若年層の読書離れ。
――言われて久しい。

本を読むとなれば、
読む側が「読む」ための網の目を設定しなければならない。
そうだから、受け身ではなくて能動的、主体的な営みなのである。

小学校以来の国語のテストは、
読解力と言いながら、読解の一番のポイントは、
テストの作成者の意図を読み取ることにあった。
それは設問を介して表明されている。
読み方は、問題作成者によってあらかじめ指定されているのである。

本を読む、学術雑誌を読むとなれば、
テストのように問題作成者が読みの「網」が用意されていない。
用意するのは、読む本人をおいていない。

このことが、忘れられいる。

プリントを配布して、
自分自身がどのように読み取ったのかを記せ、とい課題があったなら、
まず、自分がどういう点に焦点を当て、
そこから何が見えたのか、
そのことが外に向かって表明できなくては、
何も読まなかったのと同じ。

このことだけは銘記して、
日々の生活の中でも実行すべし。

投稿者 kakimoto : 09:23

2006年11月19日

<演習Ⅲ2006>第6回・第7回――ひたひた迫る足音

第6回で、グループでのプレ卒草稿のチェックは終わり。

第7回から、
「大学時代に頑張ったことは?」って、
就活で聞かれそうな質問を想定して、
プレ卒の内容を5分間で、
ゼミ生全員の前で話すってことに。
――各人、評価表に問題点を記入して、発表者に。

上手く喋れなかったところは、
確実に、まだ話が煮詰まってなかったところ。
プレ卒完成に向けて修正しましょうや。

あー、それにしても、
ちらほら「説明会があって……」って状況になってきました。

就活偏差値って記事もどこかで見たけれど、
企業もいっそ「就活ドラフト会議」でもやってくれないかな。
やり残してることだらけなのに、
もう大学生活終わったような話になっていて。
青田買いどころか、まだ苗床ですよ(・_・、)。

投稿者 kakimoto : 10:32